危険な脳出血を防ごう|適切な処置を受けましょう|糖尿病を悪化させないために

適切な処置を受けましょう|糖尿病を悪化させないために

看護師

危険な脳出血を防ごう

辛そうな人

この病気

脳動脈瘤は脳の動脈血管の壁が、血流の圧力に耐えきれずに風船のように膨らんでしまう病気です。膨らんでいるだけの時点では自覚症状はでないことも多いのですが、近くの神経や脳を圧迫したりする時には、麻痺などの異常が出ることもあります。この脳動脈瘤が危険なのは、その膨らんだ血管が圧力に耐えかねて破裂してしまった時で、そうなると脳出血を起こします。なかでも、脳動脈瘤はくも膜下に発生することが多く、統計によると、くも膜下出血の大多数はこれによって引き起こされとなっています。極めて危険性の高い病気と言えますが、早めに治療することで効果的に出血の可能性を低減できます。検査はCTやMRIで見つかることも多く、最近では脳ドックとして他の危険な脳の病気もまとめて検査することも出来ます。一度、出血が生じたりすれば予後は困難なものになりかねないので、考えておいたほうが良いかもしれません。

治療手段は

脳動脈瘤の治療については外科的な開頭手術によるクリッピング術か、血管内治療であるコイル塞栓術が行われます。クリッピング術は頭部を切開して患部を見えるようにし、脳動脈瘤の膨らみにクリップと言われる器具を装着する手術です。このクリップを装着された動脈の瘤は血液を絶たれ、潰れていまします。この方法は簡単な場合は所要時間も短く、現在での脳動脈瘤に対する手術としては、大部分がこの手法となっています。より手軽な方法としてはコイル塞栓術があります。カテーテルを使って脳動脈瘤の膨らみに、特殊な金属製の細い糸を幾つも挿入し、完全に瘤の中を埋めてしまう方法です。この方法は開頭しないために負担は少ないですし、開頭手術が不可能なケースに用いることも出来ますが、場合によってはリスクも考えられます。ますは、医師と充分に相談して、納得できる治療を考えていきたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加