がんの新しい治療法|適切な処置を受けましょう|糖尿病を悪化させないために

適切な処置を受けましょう|糖尿病を悪化させないために

看護師

がんの新しい治療法

相談

がんをワクチンで治す

誰もが病気の予防にワクチンを接種したことがあるでしょう。ワクチンは免疫に毒性を弱めた病原体で予習をさせて、感染症を予防することを目的に接種します。しかし近年、治療用のがんワクチンの開発が進んでいます。自分の免疫細胞に体外でがん抗原を学習させて、体内に戻して免疫を活性化させて、がんを攻撃する方法で、免疫細胞治療と呼ばれています。世界初の前立腺ワクチンが「プロベンジ」で、すでに高度先進医療の承認を得ています。しかし、免疫の働きは個人差が大きく、誰にでも効果があるというものではないようです。現在はまだ自由診療なので、高い治療費を払っても必ずしも回復するとは限りません。一部のクリニックでは、このようなリスクを説明せずメリットのみを話し、自由診療で儲けている所もないとは言えないようです。現在、誰にでも安定した効果が得られる免疫細胞治療の研究や臨床試験がいろいろと行われています。

ips細胞を使ったものも

現段階の免疫細胞治療は、誰にでも効果があるわけではない、ということが大きなデメリットとなっています。そこで、1つの抗原ではなく、複数の成分をブレンドしたカクテルワクチンの臨床試験が勧められています。国内ではすい臓がんを対象としたワクチンが、海外では悪性リンパ腫や多発性骨髄腫を対象としたものが開発中です。また、ips細胞を使って免疫細胞を若返らせる免疫細胞治療も、京都大学と理化学研究所が共同で開発しています。がん抗原に反応するT細胞から生成したips細胞をストックしておく「T-ipsバンク」を作ろうという構想もあるようです。急性白血病のがん細胞を殺すキラーT細胞からT-ips細胞を作成することを目指して研究中です。日本初のips細胞の技術が、世界初の免疫細胞治療へと繋がりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加